運動不足は美容に大敵?!

もう歯の周囲のエナメル質を減らすまでに酷くなってしまった歯周病は、多分症状自体が和らいだとしても、エナメル質が元の量に戻るようなことはまずないでしょう。

脂肪過多に陥っている肥満は無論栄養バランスや食生活の質、運動不足が因子になっていますが、量は変わらないごはんでも、かきこむように食べ終わる早食いを続けていれば肥満(obesity)を招きやすくなるようです。

インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20代~30代の男性に多く見られる傾向があって、ほとんどのケースでは股間部にだけ広がり、激しく身体を動かしたり、お風呂に入った後など体が熱くなると強烈なかゆみに苦しみます。

塩分と脂肪分の摂取過多を控えて自分に合った運動に尽力するだけでなく、ストレスを感じすぎないような暮らしを心がけることが狭心症の元凶となる動脈硬化を防ぐポイントなのです。

グラスファイバー製のギプスは、大変強くて軽量なのに耐久性があり、シャワーなどで濡らしても大丈夫という特長があるため、現在の日本のギプスの人気製品です。

現代の病院のオペ室には、お手洗いや専用の器械室、手術準備室を併設し、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を設置するか、そうでなければ近くにその専門室を併設するのが常識となっている。

細菌やウィルスなどの病気を引き起こす微生物、すなわち病原体が肺の中に潜り込んで罹患してしまい、肺の中が炎症反応を起こした様を「肺炎」と総称しているのです。

基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が横たわっていても燃焼してしまうエネルギー量のことで、その50%以上を様々な骨格筋・臓器の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類で占めると考えられているようです。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、平成24年9月1日より任意接種ではなく定期接種になるので、集団接種ではなく病院などの医療機関で注射する個別接種の扱いに変更されています。

緊張型頭痛というものはデスクワークなどでの肩こり、首こり、張りが因子の日本人に多い頭痛で、「ギュッと締め付けられるような強い頭痛」「頭が重いような鈍い頭痛」と言い表されることが多いようです。

過飲過食、肥満、喫煙、運動不足、不規則な生活、多忙によるストレス、老化など様々な素因が融合すると、インスリン分泌が衰えたり、働きが鈍くなったりして血糖値が高くなる2型糖尿病を発症すると考えられています。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に存在しているインスリンの源であるβ細胞が損傷を受けてしまうことから、患者の膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなり発病するという生活習慣とは無関係の糖尿病です。

万が一血液検査で予想通りエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値よりも足りなくて早発閉経(そうはつへいけい・POF)と分かったら、その女性ホルモンを足してあげる処置などで改善が望めます。

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わっている様々な酵素や、細胞や組織の再生に関係する酵素など、約200種類以上の酵素を構築する物質として欠かせないミネラルの一種なのです。

年齢を重ねることによる耳の聞こえ辛さではなだらかに聴力が低くなっていきますが、大体において還暦くらいまでは耳の悪さをはっきりと把握できません。

メイクのすすめ

本来、正常な肌の新陳代謝は4週間周期になっており、常時肌細胞が作られ、毎日毎日取り去られています。
これらの「日々の生まれ変わり」によって人の皮膚は若々しさをキープしています。

メイクの長所:容貌がきれいになる。
お化粧も嗜みのひとつ。
実際の年齢より年上に見てくれる(ただし10代から20代前半限定です)。
人に与える自分の印象を毎日変貌させられる。

シワのない肌に欠かせないコラーゲンは、特に夏の強烈な紫外線をもろに浴びたり何らかの刺激を長期間に渡って受けてしまったり、心身のストレスが徐々に積み重なったりすることで、破損し、行く行くは生成することが困難になっていくのです。

日本皮膚科学会の判別の目安は、①激しいかゆみ、②固有の皮疹とその点在ポイント、③慢性及び反復性の経過、3つすべてにチェックが入る疾患を「アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)」と呼ぶ。

メイクアップの短所:泣いた時にあたかも修羅のような怖い顔になる。
少しだけ間違えただけなのにケバケバしくなって台無しになる。
顔をごまかすには限界がある点。

メイクアップの欠点:お肌への刺激。
毎日毎日煩わしい。
化粧品代がやたらめったら嵩む。
メイクで皮膚が荒れる。
お化粧を直したり化粧する時間の無駄遣いをしていると感じる。

身体に歪みが生じると、内臓は互いに押し合うため、つられて他の臓器も引っ張られ、位置の移動、臓器の変形、血液や組織液に加えてホルモン分泌にも悪い影響をもたらします。

デトックスというワードはそんなに目新しいものではないが、これはあくまで健康法や代替医療の一種として考えており、医師が施す「治療行為」とは違うことを意外なほど多くないのである。

紫外線を浴びて濃くなったシミを薄くしようとするよりも、できてしまわないように予め防いだり、お肌の奥で出番を待っているシミの予備軍を遮断する方が重要だということをお分かりでしょうか。

美容の雑誌や書籍には、顔が小さくなって肌がきれいになり、痩身効果があり、デトックス効果、免疫力アップなどなど、リンパ液の流れを整えれば全部叶えられる!という嬉しくなるような謳い文句が書かれている。

紫外線を浴びたことによってできてしまったシミを薄くしようとするよりも、シミができないように事前に防護したり、肌の奥に隠れているシミの種子を遮断することの方が効果的だということをご理解いただけましたでしょうか。

近頃人気の頭皮ケアは別称スカルプケア(scalp care)とも呼ばれているお手入れ方法です。
スカルプは髪の困り事の代表である脱毛や薄毛などに非常に大きく繋がっていると同時に、顔のたるみにも影響を及ぼすと考えられています。

歯のビューティーケアが重要と感じている女性は増加しているが、実生活でおこなっている人は多くはない。
最も多い理由が、「自分一人ではどうやって手入れしたら効果的なのかいまいち分からないから」という思いだ。

多くの人が「デトックス」の虜になってしまう最大の理由として考えられるのは、私たちが暮らす環境の汚染だろう。
大気や土壌は化学物質で汚染され、食べものには作用の強い化学肥料や危険な農薬がたっぷりかけられていると言われている。

美容外科(Plastic Surgery)とは、体の機能上の欠損や変形を矯正するよりも、もっぱら美的感覚に基づく人体における外観の向上を目指すという医療の一種であり、独自性を持った標榜科目でもあるのだ。